第95回「こすぎの大学〜武蔵小杉でパラムーブメント Vol.2~」(2020年11月13日開催予定)

矢嶋志穂さん(まろえもん)
矢嶋志穂さん(まろえもん)

第95回「こすぎの大学~武蔵小杉でパラムーブメントVol.2~」では、先生役の元パラスイマー 矢嶋志穂さん(まろえもん)からパラムーブメントについてご紹介していただきます。

東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり、川崎市がパラリンピックに注目してパラムーブメントを目指しはじめた2016年にも事例紹介をしていただきました。今回は第2弾となります。本来であれば東京オリンピック・パラリンピックが開催されていた2020年。開催は来年に延期となりましたが、今一度、パラムーブメントを一緒に考える時間にしたいと考えます。

 

【日時 】2020年11月13日(金)19:28-21:15

【場所 】zoomによるオンライン授業

【先生役】元パラスイマー 矢嶋志穂さん(まろえもん)

【参加費】800円(事前振込)

【申込み】https://kosuginouniv-95th.peatix.com/

 

 

<先生役>矢嶋志穂さん(まろえもん)のプロフィール

 

障がいを理由にあきらめない。外に出て声をあげ目指す、誰もが希望を叶えられる社会

https://www.talent-book.jp/generalpartners/stories/23490

 

(引用)

2020年の東京パラリンピックでは、沢山の障がい者が日本に集まります。公共交通機関や競技施設では、開催に向けてバリアフリーの整備が進められています。それでも、たとえば体格の大きい電動車椅子ユーザーや、集団で移動する車椅子ユーザーを目にしたときに、初めて「こんな障がい者がいるんだ」と気づくこともあるんじゃないかと思うのです。私はそのような気づきによる、2020年 “以降” の変化に注目したい。

 

まだ世の中に出ていない障がい者の存在、伝わらない声。法律が変われば就労できる重度障がい者。満員電車で移動する車椅子ユーザー、もっと高みを目指したいパラアスリート、身体を動かして遊びたい特別支援学校に通う子どもも、今ここに存在しています。でもその存在が見て見ぬふりをされることで、やりたいことができなかったり、差別偏見を受けたりしてしまうのではないでしょうか。

 

そう考えると、私自身が毎日通勤したり情報発信をしたりすることが、すべてアクションだと思っています。世の中にはいろんな人がいるので、障がい者が目立つ姿を好ましく思わない人もいるでしょう。でも発信しないと存在すら知られない人たちがいる。どんな言葉をぶつけられても、発信をやめず日々活動しています。