第49回「こすぎの大学~武蔵小杉と川崎市の思い出・Joint・開拓~」(2017年3月10日)

細野直人さん
細野直人さん

第49回「こすぎの大学」は「武蔵小杉と川崎市の思い出・Joint・開拓」と題して、先生役として川崎インフルエンサー 細野直人さんをお迎えしました。

 

週末には、武蔵小杉だでなく、川崎のイベントに参加して臨場感と地元愛に溢れたレポートを発信し続けている細野直人さん。みんなから「ほっちょ」の愛称で愛される細野直人さんの活動や思いを紹介していただき、その後、参加者のみなさんと共に「地域に生かされる」を探求しました。

 

【日時 】2017年3月10日(金) 19:28~21:15 ※受付開始は19:00~ 

【場所 】中原区役所 5階 会議室 

【先生役】川崎インフルエンサー 細野直人さん

【参加者】32名

授業風景

先生“役”からのお話し

川崎の温かな学び溢れるコミュニティ活動

ツナガリを求めて参加したSNS交流会。定期的に会える機会につながらず、経済的・精神的にも疲弊してリタイヤ。心がボロボロに落ち込んでいた時に出会った川崎のコミュニティ。

 

●「こすぎの大学」を通じて他コミュニティに参加

グリーンバード、こすぎナイトキャンパス読書会、農園フェス、かわさき色輪っかつなぎ、新丸子ゴールデンルート倶楽部など、多くのコミュニティに参加するようになり、多くの方々との出会いが生まれた。

 

●コミュニティに参加しての気づき

検索よりも「探索」。現場を探索することでしか得られないことがある。

招待でなく「発信」。他コミュニティの魅力を発信し続ける。

 

●「感謝」と「温かさ」

「ほっちょ、ありがとう」と言われて、うれしかった。安全な場、感謝の場、温かい場。

当日のプログラム

授業のゴール「“地域を活かす”と“地域に活かされる” 

 

1時限目(個人ワーク)

細野直人さんの話を聞いて、気になったキーワードをポストイットに書いてください。

 

2時限目(グループワーク)

細野直人さんの話を聞いて、気になったキーワードと理由をグループの方々とシェアしてください。

 

席替え

 

3時限目(グループワーク)

自分は良かれと思いつつも、“地域”コミュニティにプラスの影響だけでなく、マイナスの影響を及ぼしていることは?

 

4時限目(グループワーク+発表)

「地域に活かされる」とは、どのようなことなのでしょうか?そして、そのために心がけることは?

当日のアウトプット

グループ発表「“地域に活かされる”とは

 

●笑点街

理想でなく実行、理論でなく実施。頭の中で描くだけでなく、実際に街の中で行動していくこと。それが信頼に繋がって関係性が築かれ、笑顔や笑い声が溢れる良い街になっていく。

 

●根底にあるのは感謝の気持ち

自分は良かれと思いつつも相手にとって負担になっているケースもある。目に見えていることだけでなく、その裏側にあることにも目を向ける。根底にある共通の要素である「相手への感謝」を忘れないこと。

 

●面倒くさくないおせっかい

おせっかいは大切。ただし、良かれと思っていても相手が負担に感じる場合もある。相手の視点に立った適度なおせっかいが大切。

 

●どうでも「いい塩梅」

しがらみに囚われすぎず、しかし、相手のことを尊重するというバランスが大切。相手に対する「寛容性」と、相手を受け止めつつも自己を大切にする「柔軟性」を持ち続けること。柔軟性は言い換えると「どうでもいい」。

 

●お互いにありがとうの発進

お互いに感謝し合うことが大切。単に「ありがとう」と伝える発進だけでなく、感謝に応える行動も大切。お互いの信頼関係に基づいて前進していく。

関連資料