第19回「こすぎの大学~武蔵小杉で備える~」(2014年3月13日)

齊藤岳至さん
齊藤岳至さん

「武蔵小杉で備える」と題して、ファイナンシャルプランナー 齊藤岳至さんを先生役としてお迎えし、ファイナンスに関する知識やノウハウをご紹介していただきました。その後、参加者の方々とダイアログやワークショップを通じて理解を深めました。


 

<先生役のプロフィール>

 

隣の幸区に在中で3代目となります。父親の看取りを機に医療・介護・葬儀の社会保障制度の中ので終いじたくを通じて個人で備える必要性を身をもって経験し生命保険の外務員に転職いたしました。今年で20年目に入りました。武蔵小杉のこのところ変化を見ながら、同級生やご契約者(法人・個人)の方々との話の中で、人生の伴走者として悲喜こもごもの日を送っています。今回、私の持つ権限明示の中で備えて守ることの大切さをガツンとお話いたします。


●資格

トータル・ライフ・コンサルタント認定(生命保険大学課程試験6科目合格)、変額年金保険販売資格、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、損害保険販売資格者、無線従事者免許第1級、小型船舶操縦免許証1級


●活動

ソニー生命ボランティア有志の会、幸総合型スポーツクラブPLUM(ぷらむ)、川崎病支援研究所 理事

授業風景

当日のプログラム

授業のゴール「武蔵小杉で、より良く生活する」


1時限目(個人ワーク)

齊藤岳至さんの話を聞いて気になったキーワードをポストイットに書いてください。


2時限目(グループワーク)

齊藤岳至さんの話を聞いて気になったキーワードと、その理由をシェアしてください。


席替え


3時限目(グループワーク)

格差社会と言われていますが、武蔵小杉で感じる格差は?


4時限目(グループワーク+発表)

齊藤岳至さんのお話しや対話を通じて、経済的に今より良い生活をするために、どのような対策をしますか?

プログラム資料
プログラム資料

当日のアウトプット

  • 武蔵小杉のタワーマンションを買う
    タワーマンションに投資して、そこで得られた利益で、また、タワーマンションを購入する。お金を貯蓄するのではなく、循環させてハッピーな生活を!
  • イキイキ・イキル
    生活や健康を守るために資産運用は必要。資産運用にリスクは付きものだけど、リスクマネージメント自体を楽しむ。
  • お金も大事。でも、ふれあいも大事。
    経済的により良い生活と、人間的に心が豊かな生活のバランスが大切。投資するのはお金(金融資産)だけではない。
  • 自分らしく生きるために!
    家族を支えたり、刺激的に毎日を送ったりしたい。そのために必要なのは「お金」「仲間」「意志」。地域につながることで得られる。
  • 経済は裏切るもの、裏切らないのは自分だけ
    自分がハッピーに。モノよりも体験(コト)を大切に。
  • ごえんを大事に
    自助や公助も大切だけど「共助」が大切。頼れる人をたくさんつくる。そして、人のためにお金を回す。

関連資料

受講ノート
受講ノート