2014年

5月

28日

「キーパーソン21の日!」に参加してきました

WOWOW 三須一郎さん
WOWOW 三須一郎さん

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

6/13(金) 第10回「こすぎの大学〜武蔵小杉で夢発見〜」で先生役を務めてくださる認定NPO法人キーパーソン21 朝山あつこさんが主催するイベント「キーパーソン21の日!」に参加してきました。

 

「キーパーソン21の日!」とは、毎月21日に「おもしろい仕事人がやってくる」というコンセプトのもと、キーパーソン21さんの会員以外の方も参加できるイベントです。

 

今回は、株式会社WOWOW 制作局音楽部シニア・エグゼクティブ・プロデューサー 三須一郎さんが登壇。まさに「おもしろい仕事人」でした!

 

三須一郎さんのお話で印象的だった点は・・・、

  • 仕事には、「自分のため<一緒に仕事する仲間のため」というスタンスで臨み、楽しんでいる。
  • やりたい仕事に拘らなかったのがよかった。やりたい仕事に拘ってしまうと「こんなハズじゃなかった...」と、期待と実際の差分をマイナスに捉えてしまうことが多い。
  • WOWOWという有料放送という仕事を通じて、視聴者の方々からは「お金」だけでなく「時間」もいただいていると考えるようになった。
  • テレビ番組という「商業作品」に強いコダワリを抱いている。
  • 定年後は、社会に役立つことをやっていきたい。
  • 子どもの頃、「夢を持たないといけない」という脅迫めいたプレッシャーが嫌だった。自分が知る世界が狭い中、夢を抱くのは困難。子どもを「夢を持たなくちゃいけない症候群」から開放するのも大人の役目。
  • 子どもに対しては「大人のおせっかい」が必要。

 

キーパーソン21 朝山あつこさんは、「夢!自分!発見プログラム」というキャリア教育プログラムを開発し、様々な場で展開されています。第10回「こすぎの大学〜武蔵小杉で夢発見〜」では、朝山あつこさんの思いや活動をご紹介いただき、僕らが武蔵小杉で夢を発見し、そして、「おもしろ仕事人」「おもしろ武蔵小杉人」になれるきっかけになればいいな、と思っています。

0 コメント

2014年

5月

25日

イッツコムチャンネル「なかはらスマイル」

なかはらスマイル
なかはらスマイル

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」の様子が、5/18(日)〜31(土)の期間、イッツコムチャンネル「なかはらスマイル」で放映されています。よろしかったら、ご覧ください。

 

イッツコムチャンネル「なかはらスマイル」

(水/金) 午後5:45~5:54、(土/日) 午前10:35~10:44

※毎月、第1・第3日曜日更新

 

http://blog.itscom.net/itscom-ch/category/%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AF%E3%82%89%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB/

 

0 コメント

2014年

5月

22日

『武蔵小杉Walker最新版』

武蔵小杉Walker最新版
武蔵小杉Walker最新版

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

今日は『武蔵小杉Walker最新版』の発売日。facebookやtwitterのタイムラインは、この話で盛り上がっていますね♪

「コスギで知っておきたい100 のこと」で「こすぎの大学」も採り上げていただきました。掲載にあたって推薦してくださった方、また、これまで「こすぎの大学」に参加&応援してくださった方々のおかげです。ありがとうございます!

武蔵小杉Walker最新版
武蔵小杉Walker最新版
0 コメント

2014年

5月

22日

フューチャーセッション・ウィーク2014(その2)

フューチャーセッション・ウィーク2014
フューチャーセッション・ウィーク2014

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

先日もお伝えしましたが、6/7(土)~13(金)の「フューチャーセッション・ウィーク2014」に、次回、第10回「こすぎの大学~武蔵小杉で夢発見~」を正式エントリーしました。

 

全国の至る所で、「こすぎの大学」と同じように社会課題解決や価値共創に関するイベントが開催される「フューチャー・セッション・ウィーク2014」にワクワクしている最近です。

 

https://www.ourfutures.net/sessions/520

0 コメント

2014年

5月

18日

ピープルデザイン

コミュニケーションチャーム
コミュニケーションチャーム

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」から1週間が経ちました。三浦副市長さまが仰っていた最後に仰っていた言葉「ワクワク・ドキドキのクリエイティブなダイバーシティのまちづくり」「ピープルデザインのまちづくり」。

 

ピープルデザインのまちづくりに僕自身も一歩踏み出すために、「コミュニケーションチャーム」を購入し、バッグに着けました。ファッションとダイバーシティの融合。いいですね!

 

コミュニケーションチャームとは・・・ ※ホームページから引用

 

街中で、「困っていたら私に声をかけてください!」、「私、何でもお手伝いします!」、「ハンディがある方をサポートをします!」という意思を表明してくれた方に、そのサインとして身に付けてもらうチャームです。

日本に来た外国人の方が、言葉が通じなくても指差しで、対話できる様、困った時に良く使うという6つをアイコン化し、デザインしたコミュニケーションカード。

 

http://www.peopledesign.or.jp/project/charm/

 

●ピープルデザイン研究所

 

http://www.peopledesign.or.jp/

 

0 コメント

2014年

5月

13日

女性のための起業支援・キャリアアップ支援プロジェクト

吉本桂子さん
吉本桂子さん

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。

 

第5回「こすぎの大学〜武蔵●●から武蔵小杉を知るシリーズ第1弾〜」で先生役を務めてくださった山本美賢さん(ヤマチャン)からイベントの案内がありましたのでシェアします。ヤマチャンも応援しているイベントとのことです。

 

お時間&ご興味のある方は、参加されてはいかがでしょうか?

 

 

女性のための起業支援・キャリアアップ支援プロジェクト

第1回スタートアップセミナー

~気づきを得るためのワークショップ~

 

【講師 】日本茶で世界進出を果たした女性社長の自分プロデュース力とは

     ロイヤルブルーティージャパン㈱ 代表取締役社長

     吉本 桂子氏

【日時 】2014年 6月 1日(日) 13:00-16:00(受付開始12:30)

【場所 】かながわサイエンスパーク(西棟3階KSPホール)

【対象 】何かしたい、現状を変えたい、と考える女性全般

【参加費】1,000円(税込) お茶とお菓子付

 

http://www.ksp.co.jp/hrd/woman/woman20140601/

 

0 コメント

2014年

5月

11日

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」実況中継(その4)

第9回「こすぎの大学」
第9回「こすぎの大学」

企画編集ユニット「6355」の大坂亮志(オーサカちゃん)です。

 

こすぎの大学スタートです。今日は川崎市副市長三浦さんをプレゼンターにお迎えしました。多くの方に来ていただきました。

0 コメント

2014年

5月

11日

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」実況中継(その3)

第9回「こすぎの大学」
第9回「こすぎの大学」

企画編集ユニット「6355」の保崎です。

 

こすぎの大学

三浦副市長のプレゼン中

たくさんのみなさんにお越しいただきました。ありがとうございます。

小杉の歴史が語られています。

でも宝暦という元号が出てくるなんて笑

富士山噴火したよね

0 コメント

2014年

5月

11日

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」実況中継(その2)

イッツコムさんの取材
イッツコムさんの取材

企画編集ユニット「6355」の柳橋(やぎちゃん)です。

 

二時間目の授業が始まりました。

ちゃっかり? イッツコムさんの取材も来ちゃってます♪

 

「イッツコム、してますか?」

0 コメント

2014年

5月

11日

第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」実況中継(その1)

第9回「こすぎの大学」
第9回「こすぎの大学」

企画編集ユニット「6355」の柳橋(やぎちゃん)です。

 

いやー、今日はスゴいです。

 

56名の方が来てくださっています!

会場の冷房が効かないくらいの、熱気ムンムンですw

 

今日は、「武蔵小杉を知る、つくる」というテーマで、なんと川崎市副市長の三浦さんにご登壇頂いておりますが、昔の武蔵小杉のお話から始まっております。

 

アジア初のサーキット場が武蔵小杉の多摩川寄りにあったとか、中原街道の名前の由来など、私にとっては初耳の情報がザクザク出てきて、「へぇ~」が止まりませんw

0 コメント

<<前月(2014年4月)       翌月(2014年6月)>>