2015年

12月

30日

今年も、ありがとうございました!

2015年の「こすぎの大学」は、1月の第19回「武蔵小杉を次世代につなぐ」と題した教育関連の話題から始まり、12月の第30回「武蔵小杉を生きる Vol.3」と題した医療関連の話題で終えるという感じで、専門性の高い話題にもチャレンジした一年でした。

また、これまでに参加者のみなさんと共に共創したアイデアをアクションとして具現化した一年でもありました。

 

 アイデアの実現「できました!」

 http://goo.gl/dmWVl9

 

2016年も、みなさまと共に「武蔵小杉に関わる人を知る・語る・好きになる」を通じて、武蔵小杉の魅力を再発見し、価値を創出し、さらには次代の人材育成に繋げさせていただきたく、引き続き、よろしくお願いいたします。

 

2016年最初の「こすぎの大学」は、「武蔵小杉のライフプラン」と題して、野村證券武蔵小杉支店 須山浩さんを先生役としてお迎えします。お時間&ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

 

【日時 】2016年 1月15日(金) 19:28~21:15 ※受付開始は19:00~

【場所 】小杉町二丁目町会会館(テーブル会場)

【会費 】無料 ※茶菓代として500円頂戴します

【先生役】野村證券武蔵小杉支店 須山浩さん

【申込み】http://kokucheese.com/event/index/362398/

 

2015年もお世話になりました。2016年も、みなさまにとってステキな一年になることを記念しています。それでは、2016年も、よろしくお願いいたします。

 

企画編集ユニット「6355」一同

 

2015年

12月

13日

中原区コミュニティフォーラム

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


第30回「こすぎの大学」の冒頭に、中原区役所 まちづくり推進部 地域振興課 工藤さんからご案内のありました「中原区コミュニティフォーラム~世代をつなぐ、小杉をつなぐ~」です。

2016年2月27日(土) 13:30~16:30、中原区役所5階会議室での開催です。ぜひ、お時間&ご興味のある方は、ご参加ください。前回、僕も娘と一緒に参加しましたが、今回も参加予定です。


<プログラム>

●第1部 地域の子ども達によるパネルディスカッション「武蔵小杉駅周辺地域の魅力」

●第2部 地域で活動する団体等によるワークショップ「こすぎの魅力を活かしたこれからのまちづくり」

2015年

12月

13日

COSUGI-ZINE Vol.2

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


COSUGI CONVIVIAL PROJECT実行委員会さんが発行する「COSUGI-ZINE Vol.2」に、昨日(12/11)開催の第30回「こすぎの大学~武蔵小杉を生きる Vol.3~」の案内を掲載していただきました。ぜひ、COSUGI CAFEに置かれていますので、お立ち寄りの際には、ぜひ、ご覧ください。


「こすぎの大学」の右隣りで案内されているのは、12/18(金)開催の「こすぎトラベラーズサロン」さん主催の「ちょっと大人のトラベラーズサロン」。

2015年

12月

11日

【実況中継】第30回「こすぎの大学~武蔵小杉を生きる Vol.3~」

こんばんは! 企画編集ユニット「6355」のやぎちゃんです。


本日、第30回「こすぎの大学」は、「武蔵小杉を生きる Vol.3」と題して、川崎市立井田病院 西智弘さんを先生役としてお迎えして開校しています。

今日のキーワードは「医療の民主化」。


昔病院に行く人は貧しい人、そこはまさに収容所で、お金持ちは医者を屋敷に呼んでいたそうです。20世紀は感染症などの治療のために、病院が一手に引き受ける役割に変わりました。

しかし、現代の病気は、がんや老化などすぐには治らないものばかりで、病院に来たからといって治らないことも多く、そして、病床数も慢性的に不足気味。21世紀の病院の役割は変わらないといけないのではというのが、西さんの提言です。

そして、医者も偉そうにただ診療していてはダメで、「白衣を脱げ、まちに出よう」と自ら民主化へ歩み出す志を掲げました!


お医者さんともっとフランクに、その辺の道端で健康相談できるような、そんな時代がもうすぐ来るのかもしれませんねぇ♪

2015年

12月

11日

第31回「こすぎの大学」 野村證券武蔵小杉支店 須山浩さん

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


2016年1月15日(金) 第31回「こすぎの大学~武蔵小杉のライフプラン~」で先生役を務めてくださる野村證券武蔵小杉支店 須山浩さんのプロフィールです。


新丸子生まれの須山さん。野村證券入社後は全国の支店を赴任し、昨年より地元の武蔵小杉支店勤務になったそうです。全国を見てきたからこそ、生まれ故郷である中原区の魅力を再発見された須山さんのお話しを楽しみにしていてください。


<プロフィール>

1977年新丸子にて生まれる。その後1990年から1996年まで武蔵小杉の法政大学第二中学校・高校に通学、法政大学卒。学生時代はレスリング部に所属し神奈川県チャンピオン。2000年野村證券入社。大阪⇒福島⇒大阪⇒長崎⇒2014年7月より武蔵小杉支店勤務。ファイナンシャル・コンサルティング課長として個人・法人営業の営業責任者として勤務。

2015年

12月

11日

第32回「こすぎの大学」 CRファクトリー 呉哲煥さん

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


2016年2月12日(金) 第32回「こすぎの大学」で先生役を務めてくださるNPO法人CRファクトリー代表理事 呉哲煥さん。中原区在住なんです。


CRは、Community & Relationshipの略。

「すべての人が居場所と仲間を持って、心豊かに生きる社会の実現」をビジョン・ミッションにされています。


今週末で30回目を迎える「こすぎの大学」ですが、これまでも「こすぎ朝学」「こすぎトラベラーズサロン」「キーパーソン21」「こすぎナイトキャンパス読書会」「コワーキングスペースYou+」等、サードプレイスなコミュニティを運営されている方々を先生役としてお招きしてきました。

僕自身もそうですが、コミュニティを持続的に活動にすべく、運営し続けるのって想像以上に大変で、コミュニティ活動をしている人同士でノウハウを分かち合いたいと思ったりします。


で、呉さんの話に戻るのですが...、呉さんは現在、こんな思いをサポートするクラウドファンディングに挑戦中です。まさに、Community & Relationship。

NPO20団体にインタビューをして、非営利組織のマネジメントの事例・ノウハウをまとめた『NPOの組織マネジメントノウハウコレクション』をつくり、全国のNPOに届けたい!


https://readyfor.jp/projects/CRfactory


僕自身が欲している一冊なので、僅かながら応援させていただきました。

呉さんの活動や、活動の思い&想いを知ることができるので、よろしかったらサイトをご覧ください。

2015年

12月

08日

2016年1月~3月の先生役

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


早いもので、もう12月ですね...。

来年、2016年1月~3月の先生役をご紹介します。

2016年の「こすぎの大学」も楽しみにしていてください!


2016年1月15日(金)

第31回 武蔵小杉の資産価値(仮)

野村證券武蔵小杉支店 須山 浩さん


2016年2月12日(金)

第32回 武蔵小杉をつなぐ Vol.2(仮)

CRファクトリー 呉 哲煥さん


2016年3月11日(金)

第33回 武蔵小杉のこれから (仮)

法政大学 教授 小島 聡さん

<<前月(2015年11月)       翌月(2016年 1月)>>