2015年

9月

29日

開校5周年!奈良ひとまち大学

奈良ひとまち大学は弱冠40歳市長のマニュフェスト事業として開始されたとのこと。実際は公益財団法人奈良市生涯学習財団の職員が実務にあたっている。この財団は奈良市内にある公民館を運営している組織であり、ひとまち大学は公民館職員により運営されている。外郭団体とはいえ、市から人件費や維持費などの活動費が出ているので予算は豊富にある一方、市長マニュフェストであるため「必ずやらなければいけない」「成功させなければならない」といった行政に携わる人達の政治的ミッションもある模様。このような背景だが、実務を担当される職員の方は非常に真面目で明るく、自分事としてひとまち大学を成功させたいと誰もが同じベクトルで続けていることを感じられた。今後、市長が変わるような事があると自主独立も考慮に入れなければならず、長い目で見た将来の運営にはスタッフの皆さんが続けられるのか心配している。


現在5年間で200回近い授業を行っている。先生役はこすぎの大学同様地元の面白い活動をしている人や、たまに著名人を呼んだりして活動しているとのこと。


奈良という街は駅を降りて散策すると、ほとんどの寺社仏閣が国宝級という観光資源に恵まれた土地ではあるが、根っからの地元の人達は子供の頃から「当たり前にあるもの」であるため、他地方の人ほどありがたみを感じていないように思えた。市長はこういった現状をひとまち大学を開催することによって奈良の観光資源の面白さや楽しさをまずは地元の人達に感じてもらいたいとのこと。もう一つ奈良の人と話していて気づいたのが、話の「時間軸」の長さが異様に長いこと。1,300年の歴史がある街に生まれ育っているからでしょうか。これは明治学院大学の坂口先生も同じことを話しておりました。


奈良が地域として抱えている課題は下記の通り。

  1. 京都と同じくらいの歴史ある街なのに観光地としては少し見劣りしている
  2. 仕事がないため大学を卒業すると奈良を出て行ってしまう人が多い
  3. 洋服や嗜好品の買い物はほぼ京都か大阪
  4. 京都・大阪へ電車で1時間以内ということもあり日帰り客が多い
  5. 関西人からすると「おもろない街」と思われているネガティブイメージ


仏像マニアや寺社仏閣マニアの方たちのiターン移住者がちらほらいた事には驚いた。

1日目


交流授業No.1「びっくり楽しい春日大社のお話 〜年間2,200回を超えるお祭りって?〜」

講師:春日大社 岡さん


春日大社は西暦767年に建立された歴史ある神社で奈良公園・東大寺の横にあり広大な敷地の中にある。4つの神様を祀っている。昔は神社と寺の関係が今ほどしっかり分かれているわけではなく、隣にある興福寺のお坊さんが年に1度春日大社の神様でお経を唱えるイベントもあるとのこと。もともとは興福寺の敷地も春日大社のものであったとのこと。実は神社と寺を明確にわけられたのは明治維新後であるらしい。大社の奥にある御蓋山(みかさやま)への信仰が深く、市街地に近いにも関わらず山全体を原生林の状態を保っている。


神社を一通り周り、信仰の由来や天皇家との関わりなどを細かく教えて頂いた。

続きを読む

2015年

9月

14日

地域と企業をデザインで融合!杉が好きスギる「スギダラケ倶楽部」にインスパイア!

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


第27回「こすぎの大学」の様子を参加者のゆうすけさんがブログに掲載してくださいました。感謝です!


地域と企業をデザインで融合!杉が好きスギる「スギダラケ倶楽部」にインスパイア!

http://namingpress.com/?p=17348

2015年

9月

13日

10月以降のスケジュール

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


10月以降のスケジュールと先生役をご紹介します。

魅力的な先生役の方々ばかりですので、ぜひ、お時間&ご興味のある方はご参加ください。お待ちしています!


2015年10月9日(金) 19:28〜21:15

第28回「こすぎの大学〜武蔵小杉から創刊する〜」

[先生役]「tama-jin」編集 Ash Ayakaさん


2015年11月13日(金) 19:28〜21:15

第29回「こすぎの大学〜武蔵小杉からハバタク〜」

[先生役] 株式会社ハバタク 長井悠さん


2015年12月11日(金) 19:28〜21:15

第30回「こすぎの大学〜武蔵小杉を生きる Vol.3〜」(仮)

[先生役] 川崎市立井田病院 西智弘さん


http://goo.gl/qajOAV

2015年

9月

11日

第27回「こすぎの大学~武蔵小杉でスギダラケ~」実況中継③

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


変態や変人が集まった第27回「こすぎの大学〜武蔵小杉でスギダラケ〜」の懇親会。先生役 若杉浩一さんの言葉「変態に変人が集まり、文化が作られる」。

2015年

9月

11日

第27回「こすぎの大学~武蔵小杉でスギダラケ~」実況中継②

企画編集ユニット「6355」のオーサカちゃんです。


こすぎの大学スタートです。今日もたくさんの方に来て頂いております。

2015年

9月

11日

第27回「こすぎの大学~武蔵小杉でスギダラケ~」実況中継①

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


今日の第27回「こすぎの大学〜武蔵小杉でスギダラケ〜」は、ユニオンビルのセミナールームで開催します。二周年記念ということもあり(!?)、立派な会場。電子掲示板に案内が出ているし。ビックリ!

2015年

9月

06日

中原区市民提案型事業

企画編集ユニット「6355」の岡本克彦(オカポン)です。


「こすぎの大学」は、平成26年度に続き、今年度(平成27年度)も中原区市民提案型事業に採択され活動をしていますが、概要が川崎市のホームページに掲載されていたので紹介します。


---------------------

こすぎの大学

[提案団体]

企画編集ユニット「6355」

[事業の概要]

武蔵小杉に集う新旧世代が一緒になり、地域の魅力を再発見するとともに価値創出につながるアイデアを生み出し、地域の事を自分の事に捉えてアクションにつなげることを目的としたワークショップを開催する。

平成27年度は活動範囲を中原区全般に、また、参加対象を子どもまで広げることで市民による街の課題解決&価値創出を推進する。年度末には街づくりのプラットフォームに関する研究成果を報告する。

---------------------


平成27年度実施事業

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000068733.html


平成26年度実施事業

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000069027.html

<<前月(2015年8月)       翌月(2015年10月)>>