2019年

2月

10日

みんなで体操

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

フェリス女学院大学 春木先生とゼミ生のみなさんの研究成果で紹介いただいた60年前の武蔵小杉の様子。

川崎市映像アーカイブの市政ニュース映画より。

 

蚊やハエのいない町に 【昭和28年6月18日】

https://www.kawasaki-movie-archive.com/movie/news-movie0697/

 

建設の陰に働く人々 【昭和31年2月15日】

https://www.kawasaki-movie-archive.com/movie/news-movie0656/

 

みんなで体操 【昭和32年7月17日】

https://www.kawasaki-movie-archive.com/movie/news-movie0633/

 

春木先生は、市政ニュースを通じた研究もされています。「外者だから愛着はない」と仰っていましたが、そんなことはなく、僕らは多大な感謝をしなければなりませんね。

2019年

2月

10日

川崎市映像アーカイブ

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

フェリス女学院大学 春木先生とゼミ生のみなさんの研究成果で紹介いただいた60年前の武蔵小杉の様子。「川崎市映像アーカイブ」で紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

 

市政ニュース映画

昭和27年から平成19年までの市内の様子を記録した1~2分程度の映像(約720本)です。

川崎市政ニュース映画は、かつて映画館で上映されていたものです。当時の出来事を懐かしく振り返ってもらうために公開しています。

 

https://www.kawasaki-movie-archive.com/movie/

2019年

2月

08日

第75回「こすぎの大学」、スタートしました!

こんばんはー!企画編集ユニット6355のやぎちゃんです。

 

第75回「こすぎの大学」は「大学生が感じる武蔵小杉の課題と可能性 Vol.2」と題し、先生役としてフェリス女学院大学 春木良且教授ゼミの学生たちをお招きしています。

 

今日は品のある女子大生が各テーブルに混ざっていただいているせいか、無駄にハニカムおじさま多数(笑)

 

肝心の内容はというと、学生の武蔵小杉研究の成果ムービーを見ながら、街に関わるみんなで『これまで武蔵小杉を作り上げてきたもの』『60年後に残したいモノゴト』

について、自由にディスカッション♪

 

過去を振り返ってみると、実は60年以上前に、戦後の失業対策もあり、コンクリートの側溝を市民の手で作って、衛生的な町にしようと汗をかいていたそうです。その側溝が今もタワーマンションのほとりに、ふとあったりしていて。

 

さーて、60年後に何を残しますかね♪

2019年

2月

03日

パパ部第14弾「パパノセナカ in 武蔵小杉」

みなさん、お待たせしました!

こすぎの大学 パパ部を 開催します。

 

今回は毎年恒例 パパによる男対話!『パパノセナカ in 武蔵小杉』です。

 

さらに「アドラー子育て・親育てシリーズ」を出版されている 熊野英一さん をお迎えしての Wコラボレーション!

 

パパ達だけの『飲み・学び』の場!

楽しい対話ワークショップを通して、あっという間に打ち解けあってしまい、毎回とても盛り上がっています!😊

 

飲みながら語り、いつの間にか学んでいるという一石三鳥な この企画!😊

 

子育てのこと、夫婦のこと、家族のこと、飲んで 聴いて 語って 気づきもいっぱい!あっという間の2時間です。

 

パパだけでなく、これからパパになる プレパパも大歓迎!

 

また、このイベントを知ったママには、ぜひ パパの背中 を押してあげてください🙏

 

4月から進級・進学するこどもたち。その前に、パパたちだって、パパとして進化する学びの機会になります。是非、春休みのこどもたちと過ごす時間が待ち遠しくなる、そんな時間になればと想っています。

 

今回も たくさんの方のご参加をお待ちしております!😊

 

【日時 】2019年 3月22日(金) 19:30-21:30 ※受付は19:00-

【場所 】小杉町3丁目町会会館(仮)

https://www.mapion.co.jp/smp/m2/35.57667468,139.65611008,16/poi=21430216028

【募集 】パパ・プレパパ(定員20名予定 先着順)

 

【参加費】2500円(ワンドリンク+スナック)

【申込み】https://www.facebook.com/events/414395345967222/

 

<<前月(2019年1月)       翌月(2019年3月)>>