日経新聞の特集「セカンドステージ」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

日経新聞の特集「セカンドステージ」でこすぎの大学を採り上げていただきました。

日経新聞夕刊にも掲載され、一面にもインデックス写真がありました。うれしいことに第1回目の授業風景の写真。

武蔵小杉の可能性を示す漢字。交+心と書いて、ネットワークという読む新しい漢字が生まれた瞬間でした。懐かしいです。

そして、こすぎの大学は4月に100回目を迎えます。100回目には、6355のリーダー 大坂亮志さんが先生役として登壇します。こちらも楽しみにしていてください!

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67920850W1A100C2KNTP00

中原区PR映像制作ワークショップ/はつしもさんがゲスト登壇します!

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

1/17(日)のワークショップには、武蔵小杉ブログのはつしもさんがゲスト登壇し、中原区の魅力スポットを紹介していただきます。お楽しみに!

 

武蔵小杉ブログ

https://musashikosugi.blog.shinobi.jp

 

(開催概要)

中原区区制50周年を記念したPR映像を中原区まちづくり推進委員会さんと協力して制作するプロジェクトが進行中です。全2回のワークショップで区民のみなさんと一緒に中原区の魅力を再発見してPR映像のコンセプトを決めていきます。

中原区には、小杉・住吉・玉川・丸子・大戸の5つの地区があります。それぞれの地区の魅力を共有&発信していくためにも多くのみなさんにご参加&ご協力いただきたく、ご興味&お時間のある方はご参加ください。お待ちしています!

 

●日時

第1回「中原区の魅力を共有する」

2021年1月17日(日)13:00-15:00

第2回「中原区の魅力を伝える」

2021年2月21日(日)13:00-15:00

 

●開催方法

オンライン(zoom)

 

●定員

50人

 

●申し込み方法

https://www.facebook.com/events/841201406673639/

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000123032.html


前月(2020年12月)       翌月(2021年2月)>