これまでの授業(2022年)


第115回「こすぎの大学~武蔵小杉でカワサキケイカンボードゲーム〜」(7月8日)

カワサキケイカンボードゲームを普及する会 窪村怜史さん
カワサキケイカンボードゲームを普及する会 窪村怜史さん

7月8日(金)開催、第115回こすぎの大学の先生役はカワサキケイカンボードゲームを普及する会 窪村怜史さん。

楽しみながら景観を学ぶために全国初の取組として2017年から「景観まちづくり」をテーマにしたオリジナルボードゲームを市民ワークショップを通じて制作し、2020年3月に完成いたしました。当日はカワサキケイカンボードゲームを体験しながら川崎の景観について学びました。


第114回「こすぎの大学~武蔵小杉と成果を出すコミュニケーション~」(6月10日)

オンラインゲームストアの中の人 杉崎大樹さん
オンラインゲームストアの中の人 杉崎大樹さん

6月10日(金)開催、第114回こすぎの大学の先生役はオンラインゲームストアの中の人 杉崎大樹(HIRO Sugizaki)さん。テーマは「成果を出すコミュニケーション」。日本から世界全体のオンラインゲームストアをマネージメントすることになり、海外のチームメンバーと仕事する際に学んだコミュニケーション術を紹介。


第113回「こすぎの大学~武蔵小杉で茶室を作る~」(5月13日)

給湯流茶道 谷田半休さん
給湯流茶道 谷田半休さん

5月13日(金)開催、第113回こすぎの大学の先生役は給湯流茶道 谷田半休さん。「武蔵小杉で茶室を作る」と題して、戦国時代に武将の息抜きとなっていた茶道のように、慌ただしく働く現代社会の茶道のような体験について探求しました。

 


第112回「こすぎの大学〜武蔵小杉と中原おうちごはん〜」(4月8日)

中原おうちごはん 土倉康平さん
中原おうちごはん 土倉康平さん

4月8日(金)開催、第112回こすぎの大学の先生役は中原おうちごはん主宰 土倉康平さん。「武蔵小杉と中原おうちごはん」と題して、中原おうちごはんなどの活動を通じて変化した街との関わり方などを紹介していただきました。


第111回「こすぎの大学~武蔵小杉で哲学対話する~」(3月11日)

マインドフルラーニング代表 高橋有希子さん
マインドフルラーニング代表 高橋有希子さん

3月11日(金)開催、第111回こすぎの大学の先生役はマインドフルラーニング代表 高橋有希子さん。「武蔵小杉で哲学対話する」と題して、答えのない問題について安心安全の場で語り合いました。


第110回「こすぎの大学~武蔵小杉をブッダの視点で考える ~」(2月11日)

サウナ活動家 矢野伸さん
サウナ活動家 矢野伸さん

2月11日(金)開催、第110回こすぎの大学の先生役はサウナ活動家 矢野伸(やのしん)さん。「武蔵小杉をブッダの視点で考える」と題して、ブッダが悟りに至った経緯などを紹介していただきました。


第109回「こすぎの大学~ワカモノと共に武蔵小杉で挑戦する~」(1月14日)

川崎ワカモノLab 羽賀優希さん・蛯原帆奈海さん
川崎ワカモノLab 羽賀優希さん・蛯原帆奈海さん

2022年最初の授業は1月14日(金)開催。「ワカモノと共に武蔵小杉で挑戦する」と題して、先生役として川崎ワカモノLab 羽賀優希さん(はがちゃん)・蛯原帆奈海さん(えびちゃん)をお招きしました。

はがちゃん・えびちゃんから川崎ワカモノLab、通称「かわラボ」の紹介、川崎の若者たち、若者から見た川崎のまちと大人、活動する上で大切にしていることなどをメッセージ。授業には高校生も参加し、多世代が交わる場に。そして、大人の僕らが勇気づけられた時間でした。