これまでの授業

第62回「こすぎの大学~武蔵小杉の水源地、山北町~」(2018年2月9日)

島崎薫さん
島崎薫さん

第62回「こすぎの大学」は「武蔵小杉の水源地、山北町」と題して、山地酪農を始めます 島崎薫さんを先生役としてお迎えしました。岩手県の山で学んだ”中洞(なかほら)式山地酪農”を全国に広める「夢」を抱き、現在、神奈川県山北町の大野山で活動している島崎薫さん。当日は島崎薫さんの活動や思いを紹介していただき、その後、参加者全員で、山北町と川崎の交流を促進するアイデアを共創しました。

 

【日時 】2018年2月9日(金) 19:28~21:15 ※受付開始は19:00~

【場所 】中原区役所 5F 会議室

【先生役】山地酪農を始めます 島崎薫さん

【参加者】

第61回「こすぎの大学~海から眺める武蔵小杉~」(2018年1月12日)

田中稔彦さん
田中稔彦さん

第61回「こすぎの大学」は「海から眺める武蔵小杉」と題して、舞台照明家 田中稔彦さんを先生役としてお迎えしました。

近くに多摩川が流れていることもあり、川との接点を感じることが多い武蔵小杉ですが、今回は「海」の視点から武蔵小杉を見つめ直しました。田中稔彦さんから帆船生活を通じての体験談をお話ししていただき、視点を変えることで新しい発見があるということ、アマチュアでもプロ並の体験や結果を残すことができることを学んだ2018年最初の「こすぎの大学」。新春に相応しい授業になりました。

ポタリング部第2弾「川崎七福神巡り」(2018年1月3日)

川崎七福神巡り
川崎七福神巡り

2017年からスタートした「こすぎの大学」の部活動。

早速、ポタリング部(部長 福地真吾さん)が活動をスタートしました。記念すべき第1弾は「川崎七福神巡り」。約3時間をかけて、オトナとコドモが一緒に自転車で川崎七福神を巡りました。