第28回「こすぎの大学~武蔵小杉から創刊する~」 (2015年10月9日)

Ash Ayakaさん
Ash Ayakaさん

「武蔵小杉から創刊する」と題して、劇団カワサキアリス主宰 Ashさんを先生役としてお迎えしました。


2015年、町と文化のつなぎ手としてのメディア「tama-jin」を10年間続いて来た川崎情報本「タマジン」の媒体を引き継いで新創刊する予定のAshさん。「tama-jin」を新創刊するにあたってAshさんの思いなどをお聞きし、その後、参加者のみなさんと共にワークショップを開催しました。 

 

<プロフィール>

 

20歳の頃、世界80都市でミュージカルの舞台に立ち、ドイツの子供向けサーカスに出演する。帰国後は、日本発のミュージカルを海外に輸出することに興味を抱 き、伝統芸能、および演出の勉強をするために東京芸術大学に入学。現在は、錦琵琶奏者として各地で演奏活動をするかたわら、浜川崎にある川崎ファクトリーレジデントアーティスト、県立川崎高校演劇部講師として地域と芸術の可能性を探る制作をしている。2015年、町と文化のつなぎ手としてのメディア「tama-jin」を10年間続いて来た川崎情報本「タマジン」の媒体を引き継ぎ、新創刊する。 


【日時 】2015年10月 9日(金) 19:28~21:15 ※受付開始は19:00~

【場所 】小杉町3丁目町会会館

【テーマ】武蔵小杉から創刊する

【先生役】􏰅劇団カワサキアリス主宰 Ashさん

【参加者】32名

 

授業風景

先生役 Ashさんからのお話し

劇団カワサキアリス代表、演出家、琵琶奏者

  • ブロードウェイを目指し、海外でのミュージカル出演。 海外で活躍したからこそ、日本文化や伝統に回帰するようになった。
  • 今まで以上に日本文化を伝えるために、役者から演出家に。そして、歴史を奏でる楽器である琵琶奏者に。


『タマジン』との出会いと、地域文化プロデュース

  • 2001年に創刊した『タマジン』。2012年の取材をきっかけに編集に携わることに。
  • 『タマジン』との出会いがきっかけになり、「BRA-BA! 2014 かわさきアートフェスティバル」などのイベントを通じて、「多摩川文化圏」を中心とした地域文化をプロデュース。地元が楽しい日々。


ローカルジャーナリズムの重要性と難しさ

  • 『タマジン』新創刊に向けた取り組み。文化誌がなくなるというのは、 文化がなくなるということ...。
  • 自分にできることとして、メルマガ「アリココデイリー」を毎日発信中。


当日のプログラム

授業のゴール「武蔵小杉から創刊する」

 

1時限目(個人ワーク)

Ashさんの話を聞いて、気になったキーワードをポストイットに書いてください。

 

2時限目(グループワーク)

Ashさんの話を聞いて、気になったキーワードと理由をグループの方々とシェアしてください。


3時限目(グループワーク)

ローカルメディアを上手に生活に採り入れ、日々のちょっとした生活を豊かにするために、個人、または、友だち同士でできることは?


4時限目(グループワーク+発表)

今日は、あなたが企画編集者!地元特集号のオモシロ企画を発表してください。

プログラム資料
プログラム資料

当日のアウトプット

グループ発表「今日は、あなたが企画編集者!地元特集号のオモシロ企画」


  • たまたま河川敷スポーツ特集!
    「スポーツのまち かわさき」。多摩川の河川敷で楽しまれているスポーツを特集。ジョギング、ゴルフ、サッカーに加えて、ヨガ、カヌーまで!?
  • おもしろ小杉
    武蔵小杉の豊富なコミュニティ活動を特集。コスギフェスタや新丸子ゴールデンルートクラブ、新たに発足したグリーンバードU18の武蔵小杉チームなど。地元愛を感じるコミュニティ活動。
  • ここだけのコスギ
    テレフォンショッキング形式で、毎日、私だけが知っている武蔵小杉の魅力を紹介。明日、あなたにも電話がかかってくるかも!?
  • 1年前の自分からの手紙
    日々進化する武蔵小杉。1年という期間を楽しむ。1年後の自分に宛てた手紙や、今は言いたくても言えない秘密事を手紙に綴る。タイムリーとは違う、1年という熟成した期間が織り成す味わいがある情報。
  • こすぎClasicom
    Clasicomは「暮らす」と「コミュニケーション」の造語。Clasicomのサイトに武蔵小杉のイベント情報を掲載。開催情報に加えて参加した感想も掲載。自分が参加できなくても、誰かの参加情報を見て、あたかも参加した気分に。
  • ぬりかべ新聞
    動く掲示板「ぬりかべ君」に、みんなが書き込んでいって双方向ある掲示板に。ぬりかべ君がコミュニケーションハブに。
こすぎClasicom
こすぎClasicom

関連資料

レポート
レポート