第35回「こすぎの大学〜武蔵小杉を演じる〜」(2016年4月8日)

佐々木英子さん
佐々木英子さん

「武蔵小杉を演じる」と題して、応用ドラマ・ドラマ教育研究家 佐々木英子さんを先生役としてお迎えしました。

 

当日は、佐々木英子さんの活動や思いをご紹介していただくと共に、応用演劇のアプローチを用いて参加者のみなさんと共にいつもとは少し違うワークショップを体験しました。

 

【日時 】2016年 4月 8日(金) 19:28~21:15 ※受付開始は19:00~

【場所 】中原区役所 5F 会議室

【先生役】応用ドラマ・ドラマ教育研究家 佐々木英子さん

【参加者】36名

 

<プロフィール>

 

早稲田大学人間科学部卒、ロンドン大学応用演劇科修士取得。個別指導塾教室長、全国学校芸術鑑賞会の巡回などを経て、2000年、演劇を道具とするための勉強会を始め、「演劇の力」「劇場を遊び場に」などのコピーを創作し、参加型演劇の提案活動を、ワークショップ、インクルーシブな演劇公演、演劇×教育×心理の専門家によるWS付シンポジウムなどを通し草の根的に実施。その後渡英し、ドラマ教師養成と応用演劇を学び2013年帰国。現在、中学、大学などで講師を行いつつ、研究を続けている。

授業風景

先生“役”からのお話し

  • 演劇との出会いと、演劇の可能性
    ・小さい頃は極度の緊張症。中学生の時に演劇部に入部。当初は音響担当などの裏方だったが、中学3年製の時に初めて主役を務めて演劇の可能性に魅了されていく。
    ・大学で演劇が人に及ぼす影響を研究。その後、イギリスに留学し、演劇の可能性を探求し続け、2013年に帰国。
  • 応用演劇
    ・専門家によって所説あるが簡単にいうと、参加型の演劇のこと。相互作用による気づきをエンパワーメントする。演劇自体を目的とするだけではなく、教育や哲学、セラピーなどを目的にすることが多い。
  • 演劇の力
    ・2000-2003年に「演劇の力」を提唱。人間は社会的動物であり、模倣して学ぶのが特長。表層的な模倣でなく、全人的に内的な可能性を模倣することで未来に向けた再創造が可能となる。

当日のプログラム

授業のゴール「武蔵小杉のコマーシャルを作る」

 

1時限目(グループワーク)

グループのみなさんでCMを作ります。

模造紙に4コママンガのように絵コンテを描いてください。3シーン以上、3分のCMを作ります。最後に、みなさんに演じていただきます。小道具はご自由にお使いください。

 

2時限目(発表)

武蔵小杉のCMを演じてください。

 

当日のアウトプット

グループ発表武蔵小杉のコマーシャル

 

  • 多摩川を満喫できる武蔵小杉
    バーベキュー、川遊び、ランニング、石切り、キャンプなど1年中楽しめる多摩川。
  • 繋がる街、武蔵小杉
    南武線、東急東横線などの交通アクセスの良さ。タワーマンションを中心とした新しい住民の方々が住み始め、新旧の住民が融合。
  • 命は続く、武蔵小杉
    チクタクチクタクと時計の針が進むと共に、みんなが日々成長する街。
  • 焼辰の今昔物語
    20年前も、15年前も、10年前も、そして、今日も川崎フロンターレの話で盛り上がる女子3人組。合言葉は「カンパーイ!」
  • 何でもある武蔵小杉
    働く街、住む街、学ぶ街、呑む街、憩う街、繋ぐ街、商う街、過ごす街、武蔵小杉。
  • 変化し続ける街、武蔵小杉
    1950年 田園風景、2000年 工業都市、2016年 ママが憧れる街、2030年 サッカーの聖地

関連資料