交野おりひめ大学のお酒「百天満天」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

交野おりひめ大学では、地域課題を解決する6つの学科があります。その一つ、おさけ学科。休耕地を活用。みんなで田んぼを耕して酒米を育て、酒造でお酒づくり。そして完成したのが「百天満天」。

この「百天満天」は山野酒造さんのオンラインショップで購入できます。現在、商品一覧に掲載されていませんが、お問い合わせいただければ購入可能とのこと。僕も昨年飲んでファンになりました。ぜひ、みなさんもご堪能ください。

 

交野おりひめ大学「おさけ学科」

https://bit.ly/35r3SUd

 

山野酒造

https://www.katanosakura.com/

 

お問合せ先

info@katanosakura.com

今日は何の日?

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

今日は、こすぎの大学の開校記念日です。2013年9月6日に産声をあげ、今日で7周年を迎えました。7周年を迎えられたのは、みなさまの応援のおかげです。ありがとうございます。

こすぎの大学の第1回の授業のお題は「武蔵小杉の可能性を表現する漢字」でした。多様性ある色々な漢字が発表される中、印象的だったのは、広辞苑にない新しい漢字。

 

交+心(読み:ネットワーク)

「心が交わる」と書いて「ネットワーク」と読む新語。人が行き交うだけでなく、心が交わる、心温まる街。

 

こすぎの大学をスタートして7年を経て、多くの友だちができました。街を歩いていて挨拶する人がいる喜び、みんなで笑う喜び、みんなで街の未来を考え合う喜びなど、多くの心が交わる体験ができ、本当に感謝しています。

これからも武蔵小杉の生活を楽しんでいきます。引き続き、よろしくお願いいたします!

 

第1回「こすぎの大学〜NECと地域デザイン〜」(2013年9月6日)

https://bit.ly/2EUg2u0

交野おりひめ大学 甲斐健さん

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

9月11日(金)開催、第93回「こすぎの大学」の先生役は交野おりひめ大学の甲斐健さんです。甲斐健さんのインタビュー記事を紹介します。

 

http://vitarals.com/2017/08/kai.html

交野おりひめ大学

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

9月11日(金)開催、第93回「こすぎの大学」は、大阪府交野市の交野おりひめ大学の体験授業となります。全国のソーシャル系大学を研究されている明治学院大学 教授 坂口緑さんが執筆された『ソトコト』の記事を紹介します。

 

https://sotokoto-online.jp/631

ハイサワー部 部長 堀田友和(ほっけ)さんがラジオにゲスト出演

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

本日(9/3)のかわさきFM「コスギスイッチON!」に堀田友和(ほっけ)さんがゲスト出演し、街歩きの楽しさやハイサワー部の魅力などを伝えてくれました。聞き逃した方もアーカイブでいつでも聞けます。ぜひ、お聞きください。

 

http://radioksg.com/archives/onair218/

昨年、留年論文を体験しました

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

今週末(8/14)の第92回「こすぎの大学」では、2畳大学の梅山晃佑さんをお招きし、みんなで「留年論文」を体験します。

昨年11月、全国のソーシャル系大学が集まるイベントで、企画編集ユニット6355のメンバーも「留年論文」を体験しました。僕が留年論文で選んだ研究テーマは「義務教育」、大坂さんは「行動経済学」でした。オトナになった今、真剣に取り組んでみたい研究テーマを見つけて理由を紹介し合います。学生気分を思い出す感じで興味深かったです。

 

【日時 】2020年 8月14日(金)19:28-21:15

【場所 】zoomによるオンライン授業

【先生役】2畳大学 梅山晃佑さん

【参加費】800円(事前振込)

【申込み】https://kosuginouniv-92nd.peatix.com/

 

ご興味&お時間のある方は、ぜひ、ご参加ください。お待ちしています♪

CRファクトリー主催「コミュニティフォーラム2020」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

2016年2月の第32回「こすぎの大学〜武蔵小杉をつなぐ Vol.2〜」の先生役 CRファクトリー代表 呉哲煥さんが主催する「コミュニティフォーラム2020」が7月19日(日)に開催されます。僕も毎年楽しみにしているイベント。今年はCOVID-19の状況下、オンライン開催。企画編集ユニット6355の柳橋歩さん(やぎちゃん)もNPO法人オトナノセナカ 凸凹推進事務局の肩書でゲスト登壇します。

 

CRファクトリー 呉さんたちより特別に500円割引のクーポンコードもご紹介いただきました。チケット購入時に「cf20200719」を入力してください。

 

詳細&申し込みはコチラ。

https://commnityfolum2020-online.peatix.com/

 

【日程 】2020年 7月19日(日)13:00-18:00 ※途中休憩あり

【会場 】 Zoomによるオンライン開催

【参加費】一般4,000円/学生3,000円(税込)

 

(参考)

第32回「こすぎの大学〜武蔵小杉をつなぐ Vol.2〜」

先生役:CRファクトリー代表 呉哲煥さん

https://bit.ly/2NTBRdT

CRファクトリー主催「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

CRファクトリーさん関連の案内をもう一つ。

COVID-19でコミュニティの大切さを再認識した方も多いと思います。改めてコミュニティを見つめ直す機会になる「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」の説明会があるのでご案内します。7/9(木)19:30-20:30、7/25(土)13:00〜14:00に開催。ご興味&お時間のある方はご参加してみてはいかがでしょうか。

 

(概要)

NPOや様々なコミュニティや組織のリーダーやスタッフと共に、自分の軸やビジョンをブラッシュアップする対話プログラムです。

このプログラムでは、

●なぜこの団体を立ち上げたのだろう?/この団体に関わっているのだろう?

●社会や活動に対する自分の想いやビジョンは何だろう?

●この活動を通して、何を実現していきたいのだろう?

など、他団体のメンバーと”対話のぶつかり稽古”を通じて、

自分のモチベーションや方向性(ありたい姿)をじっくり見つめ直します。

 

詳しくはコチラ。

https://crfactory.com/service/labo/

オンライン会議用中原区バーチャル背景

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

こすぎの大学で場所提供していただいている中原区役所 地域振興課 稲葉さんからオンライン会議用中原区バーチャル背景の紹介がありました。「住吉桜」「丸子橋と三日月」「新都市中原区」「ハートの木」「音座」「デュエットフォン」「中原区役所1階」「中原区役所会議室」「中原区ウェルカムボード」「中原区インタビューボード」「STAY SAFE」「ロジーちゃん」全12種類。ご活用ください!

 

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000118180.html

山北部「梅シロップ・梅酒づくり体験会」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

宮川敦さんが部長の山北部。これまでも山北町で牧場見学、蕎麦打ち、稲刈りなどを体験してきました。山北町で梅シロップ・梅酒作り体験会を開催します。今週末(6/13)の開催です。ご希望の方は、部長 宮川敦さんにご連絡をお願いいたします。

なお、緊急事態宣言が解除されましたが、3密を避けながら安全・安心を心がけて実施します。参加者のみなさんもご留意をお願いいたします。

 

【日時 】2020年 6月13日(土)10:00-16:00

(車で訪れる方)

 10:00 山北町立共和のもりセンター集合

(電車で訪問する方)

 9:40 JR山北駅集合 ※9:34山北駅着の御殿場線に乗車

(雨天の場合)

6月14日(日)に延期

 

【参加費】一人500円 ※お子さまも同様 ※実費を除く

 

【申込み】宮川敦さん(a.miyakawa01@gmail.com)にメール

(記載内容)

参加者全員の氏名・年齢・交通手段、

代表者の連絡先(携帯電話番号)、

当日つくりたいもの(梅シロップ または 梅酒)

 

【締切り】6月11日(木)

 

<スケジュール>

10:00-12:00 説明、下準備、梅の収穫と下ごしらえ

12:00-13:00 ランチ ※希望者にはお弁当を手配します

13:00-15:00 梅シロップ(ジュース)・梅酒づくり

15:00    解散

15:30-16:00 希望者は玉ねぎ収穫

       ※車で15分移動 ※一人100円

 

<つくるもの>

①梅シロップ(ジュース)

・一人1リットル(梅1kg、氷砂糖 750g)

・実費:1,200円

 

②梅酒

・一人2.2リットル(梅 1kg、氷砂糖 500g、ホワイトリカー1.8L、保存瓶 4リットル容量)

・実費:2,500円

 

※容器や材料を用意するのでつくりたいものをあらかじめ申請して下さい。

※ご自分で容器や材料を用意していただいても大丈夫です。

 

<お願い事項>

主催側でも3密回避に配慮しますが、参加者のみなさんもご留意をお願いいたします。