タウンニュース/こすぎの大学 対等な学び重ね 100回(紙面)

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

4月9日(金)に開催した第100回「こすぎの大学〜武蔵小杉でこすぎの大学、祝100回〜」の様子をタウンニュースさんが取材・記事掲載してくれました。WEBに加えて紙面でも紹介。ありがとうございます。

タウンニュース/こすぎの大学 対等な学び重ね 100回(WEB)

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

4月9日(金)に開催した第100回「こすぎの大学〜武蔵小杉でこすぎの大学、祝100回〜」の様子をタウンニュースさんが取材・記事掲載してくれました。ありがとうございます!

 

https://www.townnews.co.jp/0204/2021/04/16/570459.html

神奈川新聞/「こすぎの大学」100回目 眼鏡店の店主が語るリーダー論」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

先週末の第100回「こすぎの大学〜武蔵小杉でこすぎの大学、祝100回〜」の様子が神奈川新聞に掲載されました。先生役 大坂亮志さんのメッセージ、生徒役を代表して柳澤久恵さんのコメントが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

※WEB版(無料)は一部の内容しか閲覧できません。有料契約または新聞(紙)だと全ての情報を閲覧できます。

 

「こすぎの大学」100回目 眼鏡店の店主が語るリーダー論

https://www.kanaloco.jp/limited/node/466497

神奈川新聞「ゆるく楽しく100回へ」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

明日(4/9)、第100回の授業を迎えるにあたり、神奈川新聞で大坂亮志さん・国谷澄子さんがこれまでの道程を振り返っています。

ぜひ、ご覧ください。

※WEB版(無料)は一部の内容しか閲覧できません。有料契約または新聞(紙)だと全ての情報を閲覧できます。

 

ゆるく楽しく100回へ 川崎・武蔵小杉「こすぎの大学」

https://www.kanaloco.jp/news/life/article-460946.html

かわさきFM「コスギスイッチON!」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

明日(4/9)の第100回こすぎの大学に先立って、かわさきFM「コスギスイッチON!」でこれまでの授業を振り返る機会をギフトしてもらいました。ケイコさん、るるおねえさん、ゆうゆうさん、応援に駆けつけてくれた国谷さん、ありがとうございました!

「こすぎの大学」は次回で100回め! たくさんのつながりをありがとう

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

いよいよ今週末、4月9日(金)は節目の第100回を迎えます。

第100回を間近に控えて、第26回「こすぎの大学〜武蔵小杉から相関する〜」の先生役でもある劇団カワサキアリス主宰 Ashさんがインタビュー記事をYahoo! JAPAN Creatorsで公開してくれました。

Ashさんの思い出に残る授業も紹介されています。ぜひ、ご覧ください。Ashさん、ありがとうございました!

 

【川崎市中原区・岡本克彦さん】「こすぎの大学」は次回で100回め! たくさんのつながりをありがとう

https://creators.yahoo.co.jp/ash/0100098896

中原区まちづくり通信と中原区50周年記念ムービー制作ワークショップ

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

中原区まちづくり推進委員会さんが発行する「中原区まちづくり通信」(第85号)に中原区50周年記念ムービー制作ワークショップの様子を掲載していただきました。

また、「まちなかブログ」でもご紹介いただいています。

 

中原区PR映像制作ワークショップ(第1回)開催しました

https://nmachi.exblog.jp/28408492/

 

中原区PR映像制作ワークショップ(第2回)開催しました

https://nmachi.exblog.jp/28483402/

 

改めて、ご協力いただいたみなさんにお礼申し上げます。ありがとうございます。ロケハンも楽しみですね!

オンラインハイサワー部(みやもとまなぶさん)

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

堀田友和(ほっけ)さんが部長のハイサワー部。緊急事態宣言の状況下、オンラインで開催したハイサワー部。

当日の様子を詳細にみやもとまなぶさんがレポートしてくれました。当日の様子が蘇りますし、参加されていない方も雰囲気を味わえると思います。ありがとうございます!

【思い出】第2回「こすぎの大学〜メガネ越しに見る個人店舗経営〜」

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

第100回「こすぎの大学」は「武蔵小杉でこすぎの大学、祝100回」と題し、先生役としてこすぎの大学 代表 大坂亮志さんが登壇します。

 

2013年9月に小杉二丁目会館でスタートした「こすぎの大学」。こすぎの大学が第100回を迎えると共に、大坂亮志さんご本人も今年からメガネのオーサカの代表取締役に就任されて節目の時を迎えています。そんな大坂志さんからこれまでを振り返りつつ、これからの抱負を語っていただく予定です。

 

一両日中に申し込みサイトを準備しますが、それに先立ち、大坂亮志さんが登壇した第2回こすぎの大学を振り返ってみます。

大坂亮志さんのインスピレーショントークの後は参加者のみなさんと一緒に武蔵小杉の個人店舗の可能性を探求し、「適度な者間距離」「小杉プレミアム」「人が人を呼ぶ(ファンをつくる)」「逆張り。徹底的な属人化。」というアイデアが生まれました。

 

第2回「こすぎの大学〜メガネ越しに見る個人店舗経営〜」(2013年10月4日)

第99回こすぎの大学で振り返った7年半の道程

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

第99回「こすぎの大学〜武蔵小杉でこすぎの大学、1→100〜」。先生役は第1回の先生役であり、デザイン素浪人 佐藤敏明さん。佐藤敏明さんによるプレゼンテーションの前に7年半の道程を振り返りました。 

 

2013年 武蔵小杉との接点が誕生

2014年 武蔵小杉から川崎に拡大

2015年 学びを実践に

2016年 武蔵小杉以外での出張授業

2017年 部活動がスタート

2018年 他地域や企業との関係人口の構築

2019年 変化に向き合う

2020年 オンラインの可能性とコミュニティ維持の難しさ

 

3/21開催、CRファクトリーさん主催「コミュニティフォーラム2021」のテーマは「ここちよい“つながり”としっくりくる“生き方”」。こすぎの大学の7年半を通じて至った現段階での考えを紹介予定です。

 

ここちよい「つながり」:主体性と偶発性による利他思考

しっくりくる「生き方」:十人十色な思い出づくり

 

昨年、COVID-19と向き合いながらオンラインによる可能性を実感する一方、それ以上に感じたのがコミュニティ維持の難しさでした。みなさんと直接会えないのが本当に寂しくって...。

 

最後、限られた僅かな時間でしたが、参加者のみなさんと一緒費に「ここちよい“つながり”としっくりくる“生き方”」について語り合って共有できたことに感謝します。ありがとうございました。

 

次回は記念すべき第100回です。緊急事態宣言が解除されていれば、リアル(中原区役所)とオンライン(zoom)のハイブリッド開催を予定しています。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

(ご案内)

CRファクトリーさん主催「コミュニティフォーラム2021」

https://crfactory.com/communityforum2021/