2019年

6月

09日

おしゃべり部は毎月第2月曜日に開催中

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

部活動の一つである「おしゃべり部」。部長は高橋喜宣さん。毎月第2月曜日 19:00~の開催です。おしゃべり部では何を話してもいいですが、話した内容はその場限りにする。誰が参加したか?、何を話したか?は、その場限りにするというルール。こすぎの大学では開放的に色々と話しますが、深く話したい方はおしゃべり部もオススメです。参加希望の方は部長の高橋喜宣さん、または、岡本克彦 ( katuhiko0821@gmail.com ) に連絡ください。

第2月曜日の開催なので、直近では、明日 6/10(月)の開催となります。

2019年

6月

06日

【思い出(その2)】「こすぎの大学」の名前が決まるまで

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

2013年5月に「こすぎナイトキャンパス読書会」に参加して6355の保崎さんたちと出会いました。当時、6355の柳橋さんたちとNEC“内”のコミュニティ「ムサコ大学」を開催していたのですが、NECの“外”に出て地域と連携したコミュニティ活動をしたい旨を保崎さんや大坂さんに提案しました。出会って約2か月後の7月に第1弾の企画書を提示したのですが、その際の仮称は何だったと思いますか?

最終的に「こすぎの大学」に決まるまでは二転三転ありました。

 

ヒントは「こすぎナイトキャンパス読書会」と「ムサコ大学」です。

 

写真は、武蔵小杉のE PRONTOで作成していた企画書です。ヒントになりますか?

2019年

6月

03日

【思い出(その1)】企画編集ユニット6355の出会い

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

2013年5月13日。僕が武蔵小杉デビューした日です。今から6年前の出来事。6355の保崎さんが主宰する「こすぎナイトキャンパス読書会」に初参加した日。課題図書は『はなぼん』(著:花井裕一郎さん)。ここで保崎さんや大坂さん、眞智子さん、国谷さんと出会いました。なので、武蔵小杉デビューの日でもあり、出会い記念日でもあります。

 

当時、僕は同じく6355の柳橋さんたちとNEC“内”のコミュニティ「ムサコ大学」を開催していたものの、NECの“外”は住んでいる街ながら知らないに等しい街でした。オフィスの外に広がる緩くて優しい読書会に触れることで武蔵小杉の感じ方が変わってきました。

 

その後、企画編集ユニット6355を結成して、4か月後の9月6日には、記念すべき第1回「こすぎの大学」を開催することになります。この4か月間の出来事に関しては、また、綴りますね。

 

(参考)

こすぎナイトキャンパス読書会に参加した時の感想を書いたブログです。2013年6月2日。

https://katuhiko0821.hatenablog.com/entry/2013/06/02/000600

2019年

5月

26日

6355の保崎幸一さん登壇イベント

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

我らが6355の保崎幸一さんが「学びでつながる会」の第1回<勉強道楽>に登壇されます。6月7日(金)開催。お時間&ご興味のある方は、ぜひ、応援&学びに駆けつけてください♪

 

<イベント概要>

 

●いろいろと学んではいるけど、満足できていない 

●学びたいのだけど、何を学んでいいのか、わからない 

●学ぶなら、楽しく学びたい!

 

こんなモヤモヤを抱えている方は、「学びでつながる会」の第1回<勉強道楽>にいらっしゃいませんか?

 

会社員生活を続けている間、学びさえすれば、人生が変わるような成長ができると信じ、そして、セカンドキャリアを模索する中で、資格勉強に走り、セミナージプシーとなり、時間とお金を投資しながらも、充実感は感じられず、モヤモヤ感は募るばかりでした。こんな状態から脱却して、自分で実感できる成長に向けてのきっかけ作りを目指して、「学び」を通じて、共感できる人と「つながる」ことを提供する場、【学びでつながる会】を発足しました。この会が、「学ぶ」ことだけでなく、仲間との出会いがもたらしてくれる新しい経験と共感を通じて、自分のこれからを見直すきっかけになってほしいと願っています。

 

その初回は、「学び」そのものがテーマです。

 

初回の講師は、保崎幸一さん。

 

保崎さんは、ICTサービス会社勤務の傍ら、地元で読書コミュニティ「こすぎナイトキャンパス」を主宰され、また地域系ソーシャル大学「こすぎの大学」企画運営にも携わっていらっしゃいます。 

加えて、慶應義塾大学通信教育課程で、政治学を学んでいらっしゃる真っ最中です。

 

「学ぶ」ことを何かを得るための手段としてではなく、「学ぶ」こと自体を楽しんでいる保崎さん。「学ぶ」ことの楽しさと人生に与えてくれる豊かさを実感させてくださると思います。

 

「何か学びたい」と思っているのに、何を学んだらいいか迷っている方には、きっと自分に合ったヒントをつかんでいただけると思います。

 

もちろん、何かを目的として学びたい方々も大歓迎です! 

辛く、苦しい勉強ではなく、“楽しく、面白く学ぶ”コツを持って帰ってくださいね。

 

保崎さんのお話を伺って、自分にとっての「学び」のヒントをつかんでいただけたら嬉しいです!

 

【日時 】2019年 6月 7日(金) 18:30-20:00

【場所 】渋谷駅ヒカリエ近くのセミナールーム

【参加費】1,500円

【申込み】https://kokucheese.com/event/index/565891/

2019年

5月

12日

こすぎの大学=焼辰?

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

第78回「こすぎの大学」。先生役 清山利幸(せ~やん)さんによる授業の後は、いつものように焼辰さんに。5周年記念イベントでは「こすぎの大学=焼辰」という名言が生まれたように今回も楽しく懇親しました。

2019年

5月

12日

学生証 兼 名刺を作りませんか?

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

こすぎの大学では「学生証 兼 名刺」を希望される方々に提供しています。カラー両面100枚で1,500円です。

 

学生番号も3桁でお好きな数字を選択できます。

好きな数字や思い出の数字を学生証番号にされるのはいかがですか?

すでに使用している番号は「000」「001」「007」「011」「012」「013」「014」「016」「019」「031」「085」「088」「111」「119」「165」「168」「712」「810」。

 

学生証 兼 名刺は、2015年8月の授業から生まれたアイデアなんです。

地元のコミュニティで自己紹介する時に使うのを躊躇してしまう会社の名刺。また、主婦の方は名刺をお持ちでない場合もある。なので、気軽に自己紹介できるように「こすぎの大学」の学生証 兼 名刺を作成しました。

 

随時受付中ですが、まとめて発注すると事務局の負担額も軽減されることもあり、一旦、今週末(5/17)までを目処に募集します。

ご希望の方は僕(岡本)に連絡いただくか、または、以下のサイトをご覧の上、お申込みください。

 

>お申込みの詳細はコチラ<

http://bit.ly/2HgyWbw

2019年

5月

04日

来週のこすぎの大学に向けて

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

来週、5月10日(金)のこすぎの大学「武蔵小杉でうつ病の体験談を語る」の先生役 清山利幸(せ〜やん)さんと真面目にミーティング中。ミーティングが長引き、今、2軒目です。

うつ病というテーマですが、何でも聞いてくださいとのこと。気になるけど、どこまで聞いていいのか?がわからないし、気を遣いますよね。せ〜やんさんに聞いてはいけないのは「女性のタイプ」だけです。(※1)

ワークショップより質疑応答を多めにする予定です。みなさん、ご期待くださいね!

 

(※1) 奥さま一筋が公称のため

2019年

5月

02日

令和を迎えて

企画編集6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

新しい時代「令和」がスタートしましたね。みなさん、色々な思いを抱きながら新時代を迎えたと思いますが、6355の代表 大坂亮志さんが東京新聞「令和の川崎 未来を描く」で令和への思いを語っています。ぜひ、ご覧ください!

 

https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201905/CK2019050202000111.html

2019年

4月

27日

第5回ハイサワー部

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

今週開催した堀田友和(ほっけ)さんが部長の第5回ハイサワー部。当日の様子をハイサワーの博水社三代目 田中秀子社長さんがブログで紹介してくださいました。

 

当日、僕は体調不良で参加できず残念だったのですが、ブログやみなさんの写真で一緒に乾杯した気分になれました。ありがとうございます♪

 

https://ameblo.jp/hi-sour/entry-12456466095.html

2019年

4月

27日

武蔵小杉でブレークスルーする

企画編集ユニット6355の岡本克彦(オカポン)です。

 

前回の「こすぎの大学」の先生役 ブレークスルー職人 小島佳織(かおりん)さんが当日の様子をブログで紹介してくださいました!

 

かおりんさんからのメッセージ

「もしも、この悩みが1年後に解決しているとしたら自分はどう成長しているだろう?」

 

https://ameblo.jp/spiritfree/entry-12455100464.html